炭酸パックの仕組み

炭酸パックは、一般的な美容パックとその仕組みが違っています。
一般的な美容パックというのは、肌に直接美容成分を浸透させたり、肌に直接働きかけることで美容効果をもたらします。

炭酸パックのジェルを肌に塗ると、まず炭酸が肌を刺激し、血流が良くなります。
ジェルに含まれた二酸化炭素は肌から浸透して血液中に入り込みます。
その血液中では、赤血球の中にあるヘモグロビンが、酸素を運んでいます。
ヘモグロビンは、酸素より二酸化炭素との結合の方が優位なりますので、二酸化炭素と結合し、そのことで酸素を手放します。

このことで、酸素が皮膚の細胞に届き、肌細胞を活性化させます。
美容にとって酸素は大変重要なものです。
肌細胞の活性化により、肌の新陳代謝が促進され、細胞がきちんと生まれ変わります。
すなわち、ターンオーバーが正常に行われるようになるのです。

炭酸パックは、このように、肌細胞の生まれ変わりを手伝ってくれるのコスメであるのです。